CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
                     
CATEGORIES
ARCHIVES
COUNT
TOTAL
Today
Yesterday
なかやま商店街イラストMAP
なかやまスノーマン祭りなどのイベントをお手伝いさせて頂いているなかやま商店街さん。
活気溢れるなかやま商店街を楽しく歩ける、イラストマップができました!イラストはアトリエの松川が担当しています。
そしてHPも完成しました。MAPもHPから見れます。こちらをクリック
みなさんこのマップを片手になかやま商店街をぶらぶらしてみてはどうでしょうか。



 
| まちづくり | 20:04 | comments(0) | - |
久慈市まちづくり研修会 2月19日 報告
新田どんは岩手県久慈市にまちづくり研修会の講師として3回講座でワークショップをしました。
体験学習教育旅行のプログラムや観光などのプログラムを考えました。
キーワードは「あんもっこ」。みなさんやる気満々で、これからどんどんおもしろいことができそうです。

 
| まちづくり | 00:12 | comments(0) | - |
歩いて楽しい!石鳥谷MAP完成!

みなさん岩手県花巻市の石鳥谷というまちをご存知ですか?そこは、全国の酒蔵で活躍する南部杜氏の出身地として有名な土地。
新田どんは平成20年からそこのまちづくりの講師としてかかわっています。まちがいきいきするためには、地域の人たちが参画して自分たちのまちを考えていこうと、数多くの勉強会や視察、商店街活性化のためのお祭りの開催などをしてきました。
さらに何かをみんなでしようということになり、昨年から取り組んでいたのが歩いて楽しいMAP作り。

まちづくり委員会の産業振興部会のみんなで何度も集まり自分たちの町の楽しいところやお知らせしたいことを話し合い、商店街のお店や名所などを挙げ、どうせつくるなら楽しいイラストのMAPにしようということになり、監修は松村、イラストはなんと新田どんが担当して・・・!こんなMAPができあがりました。

すごいでしょ〜。まちには歩いている人や畑を耕している人がいたり、見れば見るほど楽しいMAPとなりました。そして、5月29日の酒蔵まつり春の陣では、MAPのお披露目となりました。 

石鳥谷のまちづくり委員会の人たちはこの2年でみんながうーんと仲間になった感じがします。自分たちのまちを愛する気持ちは若者も年配の方も、農家の人も商店街の人もみーんな同じなんですよね。まちの中に顔なじみが増えた石鳥谷のお祭りは本当にわきあいあいと楽しいものです。
このMAPほしい人はぜひ石鳥谷に遊びに行ってみてください。

| まちづくり | 00:31 | comments(0) | - |
超スローフード
岩誦坊クラブのおじさんに「ここも見て」と連れて行かれた場所。
「ミナおばあちゃんの昔ながらの手作り豆腐」屋さん。見てこの外観。まるで北の国からですね。

この人がミナおばあちゃんだって。

中も超レトロで感動しまくったそうです。大豆を石臼で挽くところからはじめるらしいんだけど、新田どんがしているみたいに舟をこぐようにして石臼を回すらしい。石臼の上の桶からタツタツと水が落ちてくるそう。

ちょうど、豆乳とにがりを入れて上におもしを乗せているところだそうです。こんなに丁寧に作られたお豆腐、食べてみたいですねえ。

スローフードとは、その土地の伝統的な食文化や食材を見直す運動や、その食品自体を指すことばですが、まさに超スローフードなミナおばあちゃんのお豆腐づくり。新田どん、買ってきてくれたらよかったのにね。
| まちづくり | 10:59 | comments(0) | - |
岩誦坊クラブ
 新田どんは岩手県二戸市の各地でまちづくりの講演や活性化の提案の仕事をしています。新田どんの講演を何度も聞いてくれている岩誦坊(がんしょうぼう)クラブのみなさんが「しぇんしぇ〜ぜひオラんとこも来てくれ〜」と言われ、講演会の前に視察に行ったそうです。がんしょうぼうは、近くにある湧水。その稲庭岳周辺でいろいろ活動しています。

みなさんかっこいいスタイルですね〜。さて、朝到着したところは山の中、用意してあったのはスノーモービル。「これに乗って、私につかまってください。」と言われ、永遠とぶっ飛ばすおじさん。(笑)

着いた場所は、山のてっぺんなのにうーんと開かれている360度絶景の場所。夏は牛を放牧するところだそうです。そこにはお仲間も待っていて、新田どんにいろいろ説明してくれたそうです。ここで子どもたちの雪体験プログラムをしたりするそうです。

おもむろにスノーモービルの座席から竹スキーを出してきて「しゃんしぇ〜。一度はやってみなせえ」って。竹スキーに挑戦した新田どん。

なかなかうまかったそうですが、エッジもついてないので普通のスキーとはわけが違う。止まり方を教えてもらってなかったのですっ転んだんだって。

元気のいいおじちゃんたちが、「こんなんやったらおもしろいべ」などと、毎晩飲みながら考えてるらしい。一番笑えるのは4キロもあるソリコースを作ったんだけど長すぎてもう一回滑りたくても上まで登っていけなかったという笑い話。何より「自分たちのまち自分たちの手で」しかも「楽しみながら」いろいろやっていることがすばらしい。日本もまだ捨てたもんじゃないな〜と思うエピソードですね。
| まちづくり | 10:27 | comments(0) | - |
石鳥谷まちづくり委員会 加美町鍋まつり視察

花巻石鳥谷はお酒づくりには欠かせない杜氏さんをたくさん育成しています。
石鳥谷出身の南部杜氏は全国に300名ぐらいるそうです。
加美町の中勇酒造も南部杜氏の方がいらっしゃいました。酒蔵見学をさせてもらいました。
蔵の中に入るとお酒のいい香りがします。さすが石鳥谷の皆さんもお酒には詳しく、あれこれ質問して見せてもらいました。
ワンカップを対象としたコンクール「日本酒チャンピオンズカップ」のベストカップ賞に選ばれたお酒をおみやげにいただきました。

| まちづくり | 08:00 | comments(0) | - |
石鳥谷まちづくり委員会 加美町鍋まつり視察
鍋だけではない、パン屋さんや海産物屋さんや焼きガキに、いろいろ売っていてみんな買う買う。100円商店街というのもやっていてお店にも人がたくさん入っていました。チャリティバザーもものすごい熱気でした。
この鍋まつり、これまでどのように運営してきたか、実行委員長の中村さんと高橋さんと役場の鈴木さんにお話を伺いました。最初からこんなに盛大だったわけではなく、いろいろ試行錯誤しながらいまのスタイルになったようです。とてもおもしろいお話で、今年初めて冬の鍋まつりを企画しようとしている石鳥谷のみなさんも真剣に聞いていました。


| まちづくり | 16:30 | comments(0) | - |
石鳥谷まちづくり委員会 加美町鍋まつり視察
鍋を売る人たちの気合も入ってます。売る人も買う人もまだかまだかと楽しみに11時30分の合図を待っていて、会場が一体になってる感じです。 
アホアホ鍋(スペイン語でにんにくって意味らしい)とか、いいかもね鍋(カモ肉が入ってる)とかネーミングもおもしろい。

みんなであちらこちらに分かれて並んで鍋を買って集合しました。
15種類くらいは買えたかも。



100〜300円の鍋で相当なボリュームです。雑煮風、牛スジカレー、かき鍋、地鶏なべなどいろいろあっておもしろいし、うまいんです。きれいに完食です。そのうちあちこちで完売になってました。
| まちづくり | 11:22 | comments(0) | - |
石鳥谷まちづくり委員会 加美町鍋まつり視察
ただいままちづくり&商店街活性化の講師でかかわっている花巻市石鳥谷の「まちづくり委員会・産業振興部会」 の方々の「加美町の鍋まつり視察」を企画しました。
2月11日加美町第10回うめぇがすと鍋まつり
大人気で21種類の鍋が食べられるのですが、当日歩行者天国になった花楽小路は人・人・人!!

11:30からの鍋の販売に11:00ごろから行列ができ始めます。
1番人気あったかもつ鍋の行列は半端な数ではない。この後ろにずーっとずーっと続きます。
おすすめの鍋とか鍋の買い方、並び方などの説明を受けて、さて、どこに並ぼうか?
先頭に並んで超笑顔です。このまま30分ぐらい立ち話でみんな花火の合図を待ってます。
| まちづくり | 09:00 | comments(0) | - |
10月17日18日大衡村秋祭り
ステージ&お祭りものの報告が遅れていましたが一気にだだっと報告します。
10月17日18日は大衡村の秋祭り。あべコロッケくんはステージをしきりました。
中国雑技団の獅子舞に五木ひろしのものまねの「一木(いちき)ひろし」のものまねショーは大ウケだったそうです。

| まちづくり | 23:15 | comments(0) | - |
| 1/2PAGES | >>