CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
                     
CATEGORIES
ARCHIVES
COUNT
TOTAL
Today
Yesterday
<< 『子どもの笑顔元気プロジェクト』−被災地の子どもの現場への物資支援協力−◆柄匕暴猗) | main | 『子どもの笑顔元気プロジェクト』−義援金について− >>
『子どもの笑顔元気プロジェクト』−被災地・避難所でのコンサートや人形劇の件−
先日の被災地での人形劇やコンサート募集のブログを読んでいただいた方から下記のようなメールをいただきました。
 
ブログを拝見しました。私は大崎市古川に住んでいます。古川は現在、一部電気の復旧が進んでいますが、家に戻れず多くの方が学校の体育館で避難生活を送っています。今はまだ何かをできる状態ではないのですが、学校再開のめどがついたら、子供達に元気なスタートを切ってもらいたいと考えています。
幸い、子ども達が通う学校では子供達が全員無事でした。暗い映像ばかりが放映されているなか、子供達に必要なのは、みんなで笑い合って元気を出すことだと思っています。
今すぐとはいきませんが、ぜひ、あきらちゃん&ラーメンちゃんのコンサートを開催していただけないでしょうか?
今は救援活動が先決ですので、もし、気にとめていただきましたら、連絡をいただきたいと思います。よろしくお願いします。

早速、了解しましたとの連絡を取りました。
私たちは、被災地の子どもたちを元気づけること、避難所でのコンサートや人形劇をやることを始めます。今は、亡くなった方も大勢いらっしゃる所で歌を歌うなどとはさすがに無理なので、もう少し落ち着いたら立ち上がる力を共に共有できたらと思っています。子どもたちに笑顔を取り戻すために!子どもたちの笑顔を見ると大人も癒されるのかなと思っています。今はまだガソリンもままならないので、もう少し落ち着いたらコンサートに行きます!引き続き被災地の方の人形劇やコンサートなどの募集を受け付けます。kai2@alpha.ocn.ne.jp担当松村まで  件名に被災地・避難所でのコンサートや人形劇の件と入力の上メールください。折り返し返信いたします。(※携帯からのメールの場合はPCメールも受信できる設定にしてください)
下記メンバーのいずれかが被災地に伺わせていただきます。ホールや音響設備など関係なく、どんな場所でも伺います。
(スケジュールなどの関係上誰が伺うかはこちらにおまかせください)
,△らちゃん&リカちゃんのあそびうたコンサート
△△らちゃん&ラーメンちゃんのあそびうたコンサート
△劼欧劼押爾此覆△戰灰蹈奪韻ん&ラーメンちゃん)のあそびうた&ふれあいあそび
新田どん&ひろみの人形劇&大型紙芝居&ふれあい体操
ずっとせまい場所で座ったままなのでエコノミー症候群のような症状や低体温症にならないためにも高齢者の方々も運動をした方がいいという話もあります。みんなで笑って踊って元気を出していきましょう!
| 子どもの笑顔元気プロジェクト | 15:13 | comments(4) | - |
コメント
こんにちは。今回の震災は大変なものですね。現在、避難所のほうに手伝いに行っています。未満児から高齢者の方がいらっしゃいます。電気が復旧した方から自宅に戻る方もいますが、毎日の余震や食料等の物資が手に入らず避難所生活を続けています。小さい子は遊ぶこともままならず、ぐずったりすると周りに迷惑がかかると思い、親が気を使って泣く子を連れ出したり、しかったりしています。子どもに関わる仕事をしている私は、親も子もストレスを抱えている様子をみて、何か力にと思っていたら「子どもの笑顔元気プロジェクト」にたどり着きました。今は、ガソリンや余震・施設の安全情報など問題は山済みですが、心から親子で、もしくは子どもたちだけでも楽しい時間を!この震災の恐怖を忘れるような時間を提供できたらと考えています。よろしくお願いいたします。
| 登米市の児童厚生員 | 2011/03/19 4:05 PM |
登米市の児童厚生員様
コメントありがとうございます。自分の家で生活している私たちも地震後1週間でも生活に困ることが多くストレスがたまっているので、避難所はきっともっと大変でしょうね。子どもたちがぐずったり、親が気を使ったり、胸が痛みます。ニュースでも大学の先生や阪神淡路の震災の時に被災地をまわった人たちなどが口々に「子どもの成長には遊びが必要で、こういう時こそ遊びでストレスを発散させたり笑ったりすることが大事だ」また「子どもたちの笑顔で被災地の大人たちが救われたり癒されたりすることがたくさんある」と言っていました。お互いもう少しがんばりましょう。そして伺えるようになったらすぐに行って笑顔と元気を届けます。そのときはご連絡ください。
| hiromi | 2011/03/19 4:53 PM |
こんにちは。私は大崎市の小さな小さな小学校で特別支援学級を担任しています。震災から10日・・学校はそれぞれの実状に応じて部分的に再開できることになりました。私の学校は体育館が使えない状態ですが,23日に卒業式を行うことになり,私も受け持っていた子を送り出してあげることができることに,感謝と喜びでいっぱいです。子供たちやその家族はみんな無事でしたが,家に被害があった子も数人・・家にいるのが怖くて集会所で過ごしている子もいます。大きな被害にあわなくても不安と怖さでみんな傷ついていることを感じています。子供たちとのコンサート・・そうか・・こういうことが少しでも子供たちの元気と勇気になれば・・とコメントしてみました。
| RinoRino | 2011/03/20 4:09 PM |
被害に遭われました皆さんにおかれましては、心よりお見舞いを申し上げます。

僕の夢は全国の子供たちの施設を回る歌手になる事です。
ですから、今の現地の乳児〜中学生の子供達が心配です。
もし、東京に避難してくる子供達がいましたら惜しまず、お世話をしたいと思っております。

被災地の皆様や子どもたちのために、何かできる事を少しずつ行動に移してゆき、いつか東北地方の子供達の前で歌を通じて、元気を届けられたらと思います。

皆さん、力を合わせて一緒に歩いて行きましょう!
| よしき | 2011/03/20 9:20 PM |
コメントする