CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
                     
CATEGORIES
ARCHIVES
COUNT
TOTAL
Today
Yesterday
<< 『子どもの笑顔元気プロジェクト』震災復興のためのメッセージソング「明けない夜はないから」 | main | 『子どもの笑顔元気プロジェクト』4月9日〜15日状況 >>
「子どもの笑顔元気プロジェクト」石巻市・吉田保育園へ「あべコロッケ報告3」」
4月14日(木)、あべコロッケは宮城県石巻市にある吉田保育園へ行ってきました。
早速ウクレレを演奏しつつ30分ほどあそびうたコンサートをしました。あきらちゃんの曲「おへんじハーイ」や「はなれないふたり」、ハーモニカをつかってあそびうたや手遊びなどで遊びました。
震災時、年長は絵の具をつかってお絵描き中。地震がきてすぐに机の下にみなかくれる。絵の具がこぼれる。いろんなものが倒れ落ちる。先生たちも怖いけれども、大人が怖がると子どもに怖い気持ちがうつるから、子どもたちに声をかけ長い揺れのなかで安心させようとしていた。
年長以外はホールで午睡中。大急ぎで子どもたちを起こし、ホール内二カ所ぐらいにまとめて覆いかぶさるようにして子どもを守る。特に頭を守ろう、と思って必死だった。障害を持つ子はトイレから出てきたところで、手をガッと掴み、パニックにならないためにふとんをかぶせて見えないようした。手だけでは足りずに足も使って子どもたちを守った。その後、親御さんが迎えに来られない子たちは小学校へ避難する。四日間の避難生活で最後にお迎えがきた子は、園でも泣き虫さんの4歳児。後日談としてご両親に聞いた話では、その子は「これからはここで暮らして行くんだ」という覚悟を決めていたというのです。避難先の小学校に行ってからは一度も泣かなかった。やっとお迎えがきたときご両親と先生たちは大泣きだが、その子は「あっお母さんきた。」といってケロッとして帰って行った。
先生からお聞きした震災時のお話をご紹介させていただきました。
全国から届く支援物資と名取の子どもたちが歌う「明けない夜はないから」のCDも早速を先生方にお届けさせていただきました。
受け取って下さった先生方や親御さんからは、全国の皆さんに心から感謝の気持ちをこめて御礼の言葉をいただいています。
子どもたちに少しでも確かな未来を届けて行きたい。それが数々の支援物資にこめられた思いではないでしょうか。
| 子どもの笑顔元気プロジェクト | 19:18 | comments(0) | - |
コメント
コメントする