CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
                     
CATEGORIES
ARCHIVES
COUNT
TOTAL
Today
Yesterday
<< 『子どもの笑顔元気プロジェクト』4月16日17日福岡の保育士さんたちがピザを持ってやってきた | main | 「子どもの笑顔元気プロジェクト」仙台市岩切児童館「あべコロッケ報告5」 >>
「子どもの笑顔元気プロジェクト」塩竈市清水沢保育所へ「あべコロッケ報告4」

2011.04.21 Thursday

author : planningkai

Abe Croquet Report No. 4

Akira, Rika and Abe Croquet visited Shimizusawa day nursery in Shiogama city. Shiogama is the port town well known by the good Sake factory “Uragasumi”, but the most of buildings of the area were covered by the muddy sea water of 1.1m height. The children of the day nursery had enjoyed the concert with singing and dancing together, and also teachers. The principal told that they could see the essence of day care. The cheer of each face communicated each other from children to adults and from adults to children, playing altogether and getting the feeling of united.    



4月20日(水)、あきらちゃん&リカちゃん&あべコロッケは塩竈市清水沢保育所に行ってきました。管野園長先生をはじめ先生方も子どもたちも、とっても楽しみに待っていてくれました。塩竈市は全国でも有名な造り酒屋「浦霞」がある港町。JR塩竈駅や町の中心部にある壱番館、有名なお寿司やさんなども1m10cmほどの泥が混じった海水で覆われたそうです。
0歳児から年長児までの全園児、先生方、役場の皆さん、近くの保育所など参加してくれました。園長先生や主任の先生は事前の打ち合わせからとっても元気。子どもにかかわるスタッフがまず元気だと本当に安心します。児童福祉課の三浦さんは「今みんなが笑顔になっていくことがとても大事!その笑顔が町全体にひろがっていくんだよね。」とお話していました。
一緒に声を出して歌って踊って笑う年長・年中児、音楽にあわせて体を揺らす年少児、周りの雰囲気に楽しげな表情をする0,1,2歳児。誰よりも大声で笑い踊る先生たち。
 
コンサートが終わって園長先生から「保育の原点を見ました。」と言ってくださいました。
笑いあって、声を出し、声を聞き、声をかけあう姿。ふれあったりつながったりの遊び、誰もがつながっていることをていねいに確認していく遊びのなかに、大人の元気が子どもにひろがり、子どもの笑顔が大人にも広がっていくことがとっても嬉しい一日でした。
震災で疲れきったたくさんの大人やお父さんお母さんたちも一緒に聞いてほしい、と園長先生は言ってくださいました。 リカちゃん報告はこちら あきらちゃん報告はこちら
| 子どもの笑顔元気プロジェクト | 10:38 | comments(0) | - |
コメント
コメントする