CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
                     
CATEGORIES
ARCHIVES
COUNT
TOTAL
Today
Yesterday
<< 「子どもの笑顔元気プロジェクト」岡本先生による復興支援コンサート「あべコロッケ報告6」 | main | 「子どもの笑顔元気プロジェクト」岩手県大船渡市立越喜来保育所「あべコロッケ報告7」 >>
春の自遊楽校5月3日〜5日報告
 「春の自遊楽校」は、東北の文化やおもしろい所を体験する宿泊型のイベント。今年は開催が危ぶまれましたが「こんなときだからこそぜひ東北へ!」の声に兵庫、京都、三重、愛知、神奈川、千葉、宮城、山形、秋田など全国各地から40名を超える参加があり、山形蔵王温泉と山形県高畠町で遊びました。

大人たちは、東北地方で40年民話の採訪を続けている小野和子さんを講師にお迎えしお話をお聞きしました。小野さんは言葉、声の一つ一つがとても心にしみる素敵な方でした。東北の民話を披露していただくだけでなく、民話採集の間に出会ったおばあさんの話や、松谷みよ子さんのお話や、「なぜ昔話には子どものいないおじいさんとおばあさんしか出てこないのか」などたくさんのお話をしてもらい、民話が持つやさしさ・つよさ・たくましさ、そして東北の底力を教えてもらいました。
山形県長井市は台所の生ゴミを100パーセント回収し堆肥にして田畑に戻している。菅野芳秀さんは、35年前この活動を立ち上げ市民や市を巻き込んで活動の渦をつくっていった方。その方法や土のお話をお聞きしました。「熱い想いを持てばマイナスからのスタートでも活動の渦はつくれる。」「まずはその人のいい所をみつける。」など市民参画型のまちづくりに大切なお話をもらい、新田どんとメリーゴーランドの増田さんとの対談は、地域に根ざした活動をしている者同士大盛り上がりでした。
もちろん、大人たちも春の山々の景色が美しい山寺散策、齋藤茂吉記念館(とてもおもしろい人、ここでも東北の文化を感じました)、山形蔵王温泉大露天風呂など春の東北もたくさん楽しみ、夜は大宴会となりましたよ。

子どもたちは山形県高畠町出身の浜田広介作品「泣いた赤おに」をもとに3日間で寸劇や影絵などで自分たちのお話にアレンジし、最終日浜田広介記念館の「ひろすけ子ども祭り」で一般のお客さんの前で発表し、大好評でした!高畠町は「おもひでぽろぽろ」の舞台にもなった田園風景広がるいい感じの場所。はるた君はニコニコ笑顔でラーメンちゃんにポケットをチラチラ。なんと入っていたのはカエル20匹!!いやいやまいった!まいった!新田どんやラーメンちゃんは子どもの頃「ポケットにいろんな物入れとかないの!」って怒られたもんだけど、まさかカエルとはね。それくらい「自然」に遊んでもらった子どもたちなのでした。山形蔵王の大露天風呂は川から温泉が流れてくる!?もちろん泳ぎました!大豆からのお豆腐作りも、おからのポテトサラダも子どもたちは大喜びでした。


「今回の震災があり全国各地から温かい励ましのメッセージや物資や支援金をいただき、人のつながりのありがたさを身にしみて感じているところです。感謝感謝。でも、いちばん私たちが元気になったこと、それは、連休の企画春の自遊楽校にご参加いただいたことです。普通の感覚だと企画は中止だろうし、参加もままならない状況であったと思います。それなのにそれなのに、全国各地から40名を超える参加があったこと、本当に感激しています。ありがとうございました。(涙!)このことは、一生忘れないぞ〜!」と新田どんの言葉でした。
関連記事はこちらからどうぞ→http://stage-blog.p-kai.com/?day=20110505
http://stage-blog.p-kai.com/?day=20110504
http://stage-blog.p-kai.com/?day=20110503
| 春の自遊楽校 | 14:01 | comments(1) | - |
コメント
ああ、もう1週間たってしまうのですね。
今回ばかりはほんとに、アトリエのみなさまのお顔をみるだけで
張りつめていたきもちが、ふっとゆるんでほっといたしました。
残念ながら、毎年お目にかかる方で、
今年はお会いできなかった方もいましたが、
どんちゃんやひろみちゃんから、どうしていらっしゃるか
聞くことができて、安心しました。
この3日間、中身も深くて濃く、熱いお話たくさん聞くことができ
山形の自然も美しく、いいお湯につかったし
ひげひげーずの新曲おひろめにも立ち会え、
いつもどおり、すごい充実した時間を過ごすことができました。

でも今年は、初めてお会いする方、参加すればそこにいるように感じられる
今回来られなかった方も含め
ただみんなといっしょに時間を過ごしたことが
ひときわ心に残る3日間でした。

来年も、来年こそ、またみなさまにお会いできるの楽しみにしております。

ほんとにほんとに、ありがとうございました!!

あんなに、いいお話いっぱい聞いたのに
なぜか、ラーメンちゃんと、しがちゃんの、
おひとりさま5点かぎりなのに
ああなぜ!? の買い物かごの中身に、
一番心打たれたかもしれません。


| りん母 | 2011/05/11 12:20 AM |
コメントする