CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
                     
CATEGORIES
ARCHIVES
COUNT
TOTAL
Today
Yesterday
<< 「子どもの笑顔元気プロジェクト」子どもたちの命が助かった理由 | main | 「子どもの笑顔元気プロジェクト」宮城県亘理町へ「あべコロッケ報告9」 >>
『子どもの笑顔元気プロジェクト』東松島市へ「あべコロッケ報告8」

2011.05.26 Thursday

author : planningkai

Abe Croquet Report No. 8

Higashi Matsushima City had a big damage, which 1033 people died and 320 people still missing, and 4740 houses were destroyed. Akira, Ramen and Croquet had played a concert at the community center in Ono district where three day nurseries had taken refuges. And also we had visited Oomagari day nursery where is run together with another nursery at moment. The concert aroused laughter from children very much.     



5月24日(火)
東松島市は1033人以上死亡、320人がいまも行方不明、住宅は4740棟が全壊した地域。ようやく4月末から保育が再開されてちょうど1か月が経ちました。
東松島市小野地区センターは、3園合同保育でクラスも統合されており、せまいながらも工夫しつつ保育をされていらっしゃいます。
今回はあきらちゃん&ラーメンちゃん with コロッケの3人でコンサート。
子どもたちの笑顔や元気な声も、口をあんぐりぽかーんとしている子がいることも、保育士さんにだっこして離れない子がいることも、子どもたちと同じように座りながら子どもの気分でともに楽しんでくれる先生方も、そしてときおり見せるせつない表情も、笑いながら見守ってくれる所長先生も、ひょこっと顔を出してくれたご近所の親子さんも、いつもと変わらなくそばに友達がいることも、みんなみんなつながっています。

次に東松島市大曲保育所に行ってきました。大曲保育所と大曲浜保育所の2園が合同で保育していましたが6月からは別々になるということで5月中になんとか来てもらえないかという要望があり伺いました。
この園も床上浸水したそうですが、やはり先生方の懸命の復旧作業により4月中に保育を再開。保育の再開は親御さんにとっても大切な要望であり、町の復旧作業にとっても大切な役割ですね。どちらの園に行ってもそうなのですが、先生たちが子どもたちを見守る目ってとてもいい目をしているなって思いました。
コンサートは大爆笑の連続。まるで笑いのうずに巻き込まれたようです。
日頃からあきらちゃんの歌や遊びをやってくれていることもあり、子どもたちもとっても楽しんでくれました。
もちろん大変な状況をくぐり抜けてきた子も、今まさにまっただ中にいる子もいます。いつだって笑顔や元気ではないかもしれないけれど、子どもたちは遊ぶため笑うために生きているのかもしれないと思える、そんな時間でした。

あきらちゃんの報告はこちらです!
| 子どもの笑顔元気プロジェクト | 13:42 | comments(1) | - |
コメント
小野地区センターにひょこっと顔を出させていただいた近所の親子です。参加させていただきありがとうございました。
あきらちゃんラーメンちゃんコロッケくん、そして子供たちと先生方の笑顔と笑い声に癒され、たくさん元気をいただきました。これからも子供たちにたくさんの笑顔を届けてくださいね。
| うりぼう | 2011/05/27 12:06 AM |
コメントする