CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
                     
CATEGORIES
ARCHIVES
COUNT
TOTAL
Today
Yesterday
<< 「子どもの笑顔元気プロジェクト」コミュニティFM出演「あべコロッケ報告10」 | main | 「子どもの笑顔元気プロジェクト」気仙沼市本吉/大谷幼稚園「あべコロッケ報告12」 >>
「子どもの笑顔元気プロジェクト」亘理町吉田小学校児童クラブ「あべコロッケ報告11」

2011.05.28 Saturday

Abe Croquet report 11.

Visiting children of care program after school hours of Yoshida primary school on May 26th.

The care program after school hours had moved to the junior high school building because its home primary school building could not use because of Tsunami disaster. 30 children have been taken care after school hours. As seen the other refugee center, children of junior and senior high school have been taking part in the management works of the refugee center by themselves. Children grow by themselves through such an interactive communicative work of different ages.



 5/26の午後は吉田小学校児童クラブ30名を訪ねました。小学校も津波被害のため使えずに中学校の卓球部が使っていた部屋をお借りして児童クラブは運営されています。木造のこの建物も床上浸水だったものの、たくさんの中学生たちが児童クラブのために大掃除をしてくれたそうで、中はとってもきれいでピカピカでした。中学生の力はすごい!すばらしい!と思います。どこの避難所でもそうですが、中学生や高校生たちが運営や炊き出し、荷物運びから仕分け、掃除等たくさんの力を発揮していました。そんな彼らの姿を見ながら小学生はまた育って行くんだなと思いました。
学校が終わって児童クラブに来た子どもたちとミニコンサートをしました。
あきらちゃん&ラーメンちゃんのあそびやトークに爆笑の連続の低学年の子どもたちと、ちょっと照れがありつつも思わず体を動かしてしまう高学年の子も一緒に遊んできました。「思わず」っていうのがとってもいいじゃないですか。「ふれあい遊びなんて・・・」という照れがあったとしても、やっぱり体は正直なものでついついやってしまうし、ついつい身を乗り出してしまいます。
地震や津波という過酷な状況に置かれていたとしても、小さい子は大きい子を見ながら育ち、大きい子は小さい子を見守る。きっとそれが町の力につながっていくんだろうと思いました。
四枚目の写真は、厚木市北小学校の子どもたちから届いた手書きの応援メッセージ旗です。同世代の子どもたちからのメッセージは確実に彼らに届いていますよ。届けさせていただいたぼくらにとってもうれしい感謝感謝のメッセージばかりでした。


亘理町の帰り道、以前あきらちゃんにご要望があった鹿島保育所へお伺いしてきました。突然の訪問でしたが子どもたちも先生方も歓迎してくれました。あきらちゃんとラーメンちゃんのあそび歌に子どもたちもお母さんたちも先生も大喜び。
この保育所は津波被害こそないものの、近くに行けばたくさん被害の跡があります。子どもたちも先生方も身内や親類知人にたくさんの犠牲があります。立て続けに襲ってきた震災の怖さに今も怯えつつも、通常の保育をしようとする先生方の姿が見えました。
宮城県南に位置しており、放射線に気遣うところもあります。外あそびには時間制限をつけたりプールあそびは少なくとも今年はなし。また町から放射線測定器を借りて独自に測定を行っているそうです。そのストレスは子どもたちだけではなく大人にも大きな負担になっていることは否めません。それでも子どもたちへの負担を少しでも和らげようとするのは現場の先生方の優しさであり、思いであり、願いです。ぼくたちはいつでも、子どもたちと子どもたちのいる現場の声に耳を傾け続けなければならないと思いました。
| 子どもの笑顔元気プロジェクト | 14:16 | comments(1) | - |
コメント
あべとっつぁん!ありがとうございました。きた〜小の6年生も先日の朝会で全校へ報告してくれました、「学校のみんなの気持ちが東北へ直接届きました!」と。メッセンジャーとして、また元気プロジェクトを実行中の様子を発信していてくださりありがたいです、そして、われわれも現在進行形でいたいと思ってます。ず〜と、心にとめていますから!! この記事を、印刷して明日また6年生にもっていきます!ね。体をご慈愛くださ〜〜〜い!(=^0^=)
| きた〜小 渡辺より | 2011/05/31 11:08 PM |
コメントする