CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
                     
CATEGORIES
ARCHIVES
COUNT
TOTAL
Today
Yesterday
<< 子どもの笑顔元気プロジェクト「田島征三さんと子ども達のワークショップ」&トーク | main | 『子どもの笑顔元気プロジェクト』陸前高田へ「あべコロッケ報告15」 >>
「よみがえれ!子どもの笑顔元気展」仙台会場も大盛況でした!
塩竈に続いて、仙台のメディアテークで行っておりました「よみがえれ!子どもの笑顔元気展」ですが、7月26日(火)に最終日を迎えました。おかげさまでたくさんのご来場者にめぐまれました。仙台会場では会期中に延べ3000人近くの来場者がありました。

" Kodomo no Egao-Genki exhibition" reached  the final day on July 26th

There were about 3000 visitors within a term of  'Kodomo no Egao-Genki Exhibition' in mediatheque, sendai

Thank you very much
  
なにげなくたちよった会場で足をとめて、のんびりと滞在していった親子や大人だけでくつろいだ時間を過ごす方々も多く見受けられました。
 
ご来場者からいただいたメッセージをいくつかご紹介します。
「時間と空間を越えて、私達が行きている世界と別の世界が沢山在るのだと感じました。それぞれが見える世界。どれも素晴らしい。」「絵本作家さんたちの作品をゆっくりゆっくり見ながら、自然に涙があふれてまいりました。ありがとう!!」「絵本のすばらしさを子どもたちに伝えられるような幼稚園の先生に、頑張ってなります、わたし!」」
 
今回、展覧会と絵本カーニバルを行うことができたのは、本当にたくさんの方々の応援があったからでした。それが集まったのがこの会場だったのだと思います。そして子どもたちと子どもにかかわる方々へのメッセージが、作品からも、絵本からも、絵本作家さんからも感じられる空間でした。
最終日のこの日、絵本のノーベル賞と言われるアストリッド・リンドグレーン賞を、日本人で唯一受賞された絵本作家の荒井良二さんにおいでいただき、偕成社の編集者・広松健児さんとともにトークで花を飾っていただきました。こちらも満席の場内は熱気とやわらかな空気に包まれた時間でした。

展覧会で出展いただきました25名の絵本作家の皆様に心より御礼申し上げます。あたたかなメッセージはご覧いただいた方々に確かに届いたと思います。また絵本カーニバルでは、九州大学の目黒実さんをはじめ絵本カーニバルスタッフの方々、協賛企業の皆様、福岡から陸路を延々と走り続け、塩竈や仙台まで駆けつけてくださった行橋市のコスモス保育園の坪井大輔園長とお仲間の皆様、作家さんたちをつないでいただいたり、展示などのご助言をいただきました四日市市の子どもの本の専門店メリーゴーランドの皆様など、書ききれない程にたくさんの方々にご協力いただきましたこと、あらためて御礼申し上げます。
「子どもの笑顔元気プロジェクト」では、これからもたくさんの皆様からお寄せいただいた思いをかたちにしながら、しっかりと復興への活動として届けていきたいと思っております。子どもたちと子どもたちを支える大人が、ずっと笑顔と元気で過ごすことができますように。
| 子どもの笑顔元気プロジェクト | 15:06 | comments(0) | - |
コメント
コメントする