CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
                     
CATEGORIES
ARCHIVES
COUNT
TOTAL
Today
Yesterday
<< 「よみがえれ!子どもの笑顔元気展」仙台会場も大盛況でした! | main | 『子どもの笑顔元気プロジェクト』亘理へ「あべコロッケ報告16」 >>
『子どもの笑顔元気プロジェクト』陸前高田へ「あべコロッケ報告15」
8月3日に陸前高田へ行ってきました。震災から5ヶ月が経ちます。徐々にではあるけれど復興への足音が聞こえる場所と、まだまだ時間を必要とする場所があります。

2011.08.03 Wednesday

author : planningkai

 

Kodomo no Egao Genki Project goes to Rikuzentakada : Report from Abe Croquet No.15

This is the report of his visit on August 3rd at the facilities fo preschool kids and care of schoolchildren after school hours in Rikuzentakada city of the disaster area.

今回の笑顔元気プロジェクトではたくさんのつながりが生まれました。群馬県高崎市で保育士養成大学で教鞭をとられる岡本拡子先生もそのお一人でした。岡本先生は全国にネットワークを広げて下さり、ご自身も被災地へ入り活動をされてます。今回は岡本先生とお仲間の皆様が陸前高田市の保育所で「夏祭りを仕掛けよう!」ということで「あべコロッケさんもぜひ!」とお声掛けをいただいたのでした。
We met many new relations and person  through 'Egao Genki Project'  
Ms.Hiroko Okamoto is one of them, who is a teacher at the University for an infant nurse. She is extending many network in Japan and acitve by herself in the disaster area.
This time she and her companions planned to hold Summer festival in  Rikuzentakada city, and asked Abe Croquet to join it.  
There were some shops(Wataame, ball catching,and so on) in the festival
Of course  I had mini live in the festival and sang songs with children 

保育所の先生方だけではお祭り実施は不可能と思っていたところに、岡本先生たちがすべて持ち込みでお祭りを準備して下さり、毎年恒例のお祭りが開催できました。園舎は津波で全壊のため間借りして保育中ですが、自然に恵まれたとても素敵な園でした。お祭りでは、ボールすくい、お菓子やぬいぐるみ、オバケ屋などなど盛りだくさん、そしてあべコロッケはお祭りの中であそびうたミニライブをやってきました。
友だちには流されてしまった子もいます。先生方は子どもたちのあそぶ姿や元気に走り回る姿に救われ、少しずつ日常を取り戻し、日々力をもらっているそうです。
大好きな保育所で、友だちや先生たちと食べる流しそうめんに、子どもたちはとってもおいしそうな顔をしていました。子どもたちの笑顔はとってもぴっかぴかです。
そして午睡の前には岡本先生の「おやすみライブ」。子守唄のようにやさしく歌い、子どもたちは幸せな眠りについたのでした。

その日の午後は、市内の学童クラブへ。グラウンドは自衛隊撤去後の空き地以外、仮設住宅でびっしり。海の方へ目をやるとまだまだ被害が目立ちます。学童にはもちろん仮設から通う子もいるし先生方も同じです。
1年から6年まで30人ぐらいの子どもたちがいました。やおらギターを取り出してかき鳴らし始めると子どもたちがいつの間にか列を作って待っていてくれました。
たったの30分でしたが、誰に気兼ねすることもなく、大きな声を出したり笑ったり。たっぷりあそんで笑ったな、という感じがします。
先生は津波と追いかけっこをしながら間一髪で逃れた事実を話してくれました。子どもたちの元気で大きな声をひさしぶりに聞いたそうです。1年生の子は、被災したため卒園式が行われていないらしく、たくさん練習したのにまだ歌っていないんだ、とさびしそうに話しをしてくれました。その歌を最後にみんなで一緒に歌ってきました。
ぼくは何かを残してきたような気もするけれど、また、大事な何かをもらってきたような気もしています。
| 子どもの笑顔元気プロジェクト | 21:52 | comments(2) | - |
コメント
あべコロッケさん

8月3日はお忙しい中,高田保育所のぴかぴか祭のために駆けつけて下さってありがとうございました。

私たちが高田保育所での活動を始めるきっかけを作って下さったあべコロッケさんと一緒に夏祭りをすることができて本当にうれしかったです。
あの場を共有できていることが夢のようでしたね。

駄菓子屋さん・キャラメルポップコーンのお店屋さんを,私の教え子のミナミちゃんと一緒にお手伝い下さって,その後も遊び歌コンサートをして下さって,子どもたちの笑顔がきらきらしていてステキでした。

夏祭りの準備は本当に大変でしたが,子どもたちのあの素敵な笑顔を見られたら疲れも吹っ飛んでしまいました。
先生たちにもしんどい思いをさせてしまったけれど,それもまた楽しい1日のための素敵な思い出となりました。

私たちはこれからも高田を訪問し続けます。
まだ余裕はありませんが,いずれ機会があれば近隣の施設にも訪問できるようになれればと思っています。

これからも傷ついた子どもたちにたくさんの笑顔を与えてあげてください。
あべコロッケさんたちの活動を応援し続けます!
| Hiro。 | 2011/08/20 3:39 PM |
wonderful to see how your work is going on and also to see some English explanations
どうもありがとうぞんじます
| カ-ラザハリアス | 2011/08/24 7:10 AM |
コメントする