CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
                     
CATEGORIES
ARCHIVES
COUNT
TOTAL
Today
Yesterday
5/3〜5 『賢治の自遊楽校』in 花巻
 毎年ゴールデンウィークに行われる恒例の親子キャンプ「春の自遊楽校」は5月3-5日に岩手県花巻市で行われました。今年のテーマは『宮澤賢治』。「賢治を研究する人はたくさんいるが、賢治の世界を遊ぶ人はいない。」とどなたかが言ってたそうですが、自遊楽校に参加する人は大人も子どもも遊び大好きな方ばかり。そして温泉はもちろんですが賢治の世界にゆったりとじっくりと浸りました。
 
ゲストの編集者・松田素子さん、メリーゴーランドの増田ひげのおっさん、新田どんたちのお話を聞いたのは羅須地人協会があったという建物。子どもや日本の未来、生き方、芸術などなど話題が尽きないのでした。

昼食は賢治が大好きだったという天ぷらそばとサイダーをいただきました。賢治はかつてこのお店で教え子にサイダーをごちそうしていたそうです。
  
二日目に全員で見た映画「大きな家」はとっても素晴らしい映画。、監督の澄川さんが、岩手で二番目に高い山の早池峰山の麓、あの有名な映画「タイマグラばあちゃん」を足掛け15年にも渡り制作するために今まで勤めていたNHKをやめて、家族とともに移り住んでしまいました。「大きな家」は大自然に囲まれて育つ澄川監督の子どもたちの成長の物語です。

9年間に渡り、子どもたちの姿を追いかけたドキュメンタリー映画。その制作に伴うこぼれ話を澄川監督自らご紹介していただきました。新田どんがまちづくりに携わる石鳥谷の元酒蔵で特別に行われた上映会でした。登場する女の子(澄川監督の長女)は「私たち大きな家に住んでいるんだね。」という感動的な一言をつぶやきます。早池峰の厳しくも優しい大自然のなかで暮らているからこその彼女の言葉であったのでしょう。静かで深い感動の時間でした。

子ども学園の子どもたちは宮澤賢治をテーマにした遊び心いっぱいの『賢治のまち』を作っていて、最終日にまちびらきをするのですが、そこで使える通貨は「1どん」「1リカ」「1あきら」。そしてニセ札の「1ラーメン」があります。
 
大人はその通貨をゲットするため、つまり、最終日に賢治のまちで遊ぶために、一芸の披露したり働いたりして、どんちゃんに認められれば通貨がもらえる、という仕組みなのでした。皆さん、かなり燃えていらっしゃいましたねー。
 
かくして『賢治のまち』は三日目に開催。子どもたちも大人たちも夢中になって遊びました。
 
宮澤賢治にちなんだ手作り作品のオークション、ダンスや漫才のステージ、エアーセロ演奏、スケッチやさん、「雨にも風にもマケルゲーム」や「ヤマネコたたきゲーム」などなど。子どもたちがつくったレストランやお菓子やさんなどなどたくさん遊べます。
 
賢治のまちでひたすら遊んでラストにはあそびうたコンサート。
10年以上にわたって参加し続けてくれて、この春、大学生になった河合まゆこちゃんや、受験を終え2年ぶりに参加した中高生たちなどなどの活躍もスバラシイものでした。昼は子どもたちと真剣に笑って遊んで、夜は恋バナなどで盛り上がる。コンサートでも踊って笑って楽しんで、小学生に憧れられる中高大生です。
 
つけひげをつけてヒゲヒゲーズとして踊り終わったりんくんは、ひげをはずしたのにもかかわらず「まだヒゲがついてるよ。」と言われてましたね。。。成長の証です。
お父さんたちもステージで踊ってくれてありがとうございました。
とことん遊んだあとは子どもも大人もとってもいい表情になりますね。エネルギーは相当消費しているだろうけれども、ストレス発散というよりも、完全に心の栄養補給の時間だったのではないでしょうか?だって皆さん充実した、とってもいい表情で帰って行きましたよ。来て下さった皆さん、一緒に遊んでくれてどうもありがとうございました。
また来年もあそびましょう!!!
| 旅企画報告 | 12:27 | comments(0) | - |
バリ島プログラム開発
 新田どんはバリ島へ出張(?)中・・・。
ただいまバリ島での体験プログラムを開発しております。
さて、問題です。ここで何を体験するでしょうか?
| 旅企画報告 | 12:58 | comments(0) | - |
バリ島で
バリから帰ってきました。
ひと言バリに行きますとブログに書いたら全国のあちこちからいいなあ〜の声がメールや電話で届きました・・・。みなさんブログ見てくれてるんですね。ありがとうございます。9月29日ぶーちゃんしがちゃんが最初にバリ島に出発、札幌から帰ってきた新田どんは10月1日からバリ島に出発、私とかこちゃんは同じ10月1日から出発ですが、ジャカルタ経由でジョグジャカルタ入り、ボロブドール遺跡とプランバナン遺跡をみてから10月2日の夜バリ島入りしました。
´△海譴噂のボロブドール寺院、これが土に埋まっていたのだというからびっくりです。

4櫃ぅ好肇ァ璽僂涼罎諒像の右足の裏を右手で触ると幸せになる。必死で触りました。一番上のストゥーパを時計回りに3回まわってお祈りこれでさらに幸せに。な匹諒媛茲呂箸討睥派 とにかくすごいパワースポットです。

ゥ錺筌鵐リッ(影絵) Ε廛薀鵐丱淵鶲篝廖,海舛蕕皸掬櫃気譴泙靴拭

В夏夜ぶーちゃんたちと合流して夜飲んだ後、3日それぞれエステや海などで遊んだ後この日ぶーちゃんしがちゃんは最終日、荷物整理も必死です。その後夕食会場にむかうのですが、ホテルの前はお祭りのパレードで歩行者天国に。象が運ばれてる!すごいでしょ。

┐迎えの車までパレード中の道路を堂々と走るぶーちゃん あわてて走ってるとパレード中の象に会いました。ゴキゲンのぶーちゃん。ぶーちゃんはいつも以上にものすごいテンションでバリ島の旅を終えました。しがちゃんお母さんおつかれさま!?
 
4日 静かになったバリ島で大人の旅。新田どんとかこちゃん タンパクシリンのティルタ寺院の御神木ガジュマロの樹

ここのお寺は聖なる泉がわきでているのです。またまたパワースポットで幸せになるかこちゃん。

絶景のライステラスでお食事。ここのエビは最高にうまい。

悪韻修靴謄織ス村に。ここは新田どんが20年以上通っている村。私たちのためだけに村人全員でケチャダンスをこんなに近くでみせてくれます。

というわけで、遊んでいるようにみえますが、今回バリ島に行った理由の1つは、本格的にバリ島の仕事を増やしていこうと思っているから。現地の人たちと打ち合わせをして帰りました。今後はみなさんも気軽に行けるバリ島になるよう、いろんな企画を仕掛ける予定。ぜひ行ってみませんか。
| 旅企画報告 | 09:00 | comments(0) | - |
あそびじゅつin沖縄 その4
仙台は無茶苦茶暑い日が続いています。
今日の気温は33度。沖縄よりも暑いです。
天気が心配された沖縄はザッと雨が降ったりはしているようですが、子どもたちが海遊びをするときにはこの天気!快晴です。
201008071433.jpg 
| 旅企画報告 | 17:03 | comments(0) | - |
あそびじゅつin沖縄 その3
 さあ、上谷さんに教えてもらってカヌーに挑戦!!
マングローブ樹林の中を気持ちよさそう!!子どもたちは2人組になって子どもだけでカヌーに乗ってます!カッコイイ〜!!

| 旅企画報告 | 17:18 | comments(0) | - |
あそびじゅつin 沖縄 その2
201008061215.jpg
去年の9月 NHKの全国放送「明日をつかめ」で紹介されたやんばる自然塾の上谷さん。新田どんが今回子どもたちに是非出会わせたいと、オファーして実現しました。
| 旅企画報告 | 12:32 | comments(0) | - |
あそびじゅつin沖縄
 暑いですねえ。仙台はいつになく暑い!真夏です。
東北でこんなに暑いなら西日本はものすごいことになってるんだろうな。
と思っていたら昨日の沖縄は雨だったらしい。
今日は無事晴れているみたいですね。午前中はパイナップル収穫体験!
いいなあ!立派なパイナップルだね。おいしそう。この後このパイナップ
ルを使ってジャム作り。きっとパイナップルが大好物のラーメンちゃんが
喜んでいるにちがいない。
午後はマングローブ観察にカヌー体験だっていいなあ。
| 旅企画報告 | 11:02 | comments(0) | - |
汐見先生とバリ島へその5
201003301212.jpg
最終日ウルワツの寺院に行くグループとバリの占いに行くグループとに分かれて遊んだそうです。写真はウルワツの絶景スポット。神秘の国バリならではの占いはめちゃくちゃ当たります。汐見先生と新田どんは共通する友人や知人がいっぱいだったことに気づき、さらに盛り上がったそうです。
| 旅企画報告 | 10:21 | comments(0) | - |
汐見先生とバリ島へその4
今回のバリ島旅行、バリを旅慣れている方もいらっしゃるので、バリに来たことある人でもやったことない、行ったことないような、いつもよりさらに超新田スペシャル!なコーディネートとなっているようです。写真は初日に会ったランティルとタガスで再会した様子かな?もしかしてガムランをほんとに購入したのかな? 

バリの幼稚園と小学校も訪問しました。子どもたちは元気がよくてかわいいです。写真は幼稚園での給食の様子。やはり子どもを前にすると笑顔になりますよね。
| 旅企画報告 | 07:00 | comments(0) | - |
汐見先生とバリ島へその3
世界的に有名なタガス・グヌン・ジャティ歌舞団は、タガス村の村民たちで構成されています。タガス村の子どもたちは3〜4歳のころからバリ舞踊を習います。目だけで10年とかいわれるなかなか難しいダンス。

汐見先生&お仲間たちご一行様もレゴンダンスを教えてもらったそうです。
うまくできてるかな?みなさんノリノリですね。汐見先生、歌舞伎役者みたいです。
| 旅企画報告 | 08:44 | comments(0) | - |
<< | 2/5PAGES | >>